エコに繋がる屋上緑化を考えてみませんんか

屋上緑化はどんなことをするのか

屋上緑化とは、住宅や工場・商業ビル等の屋上に植物を植える事になります。良く観られるのが商業ビル等の屋上で植物が植えられ、買い物客等の休憩所になったり子供の遊び場として使用されています。屋根や屋上に木や草花を植えても良いのかと言うと、そのためにはそれなりの対策が必要となってきますので注意が必要です。特に防水性能を良くしておかなければ漏水の危険性も有ります。一般の家庭でも同様の事が言えます。最近は技術も進歩し一般の家庭でも徐々に増えてきています。

なぜ、屋上緑化をすると光熱費が安くなる

一般家庭でも屋上緑化をすることで光熱費が安くなると言われています。屋根を緑化することで、太陽光が直接当たらない様にすることが出来、冷房費用が少なくなります。また、冬には暖房効果も発揮してくれます。そして、何より地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素を取り込んで酸素を排出しますから、地球温暖化防止に役立つと言われています。また、緑があることで気分をリラックスさせる事も有り、建物だけではなく、人間にも良いと言われています。

費用が高くならないのか心配

屋根や屋上へ屋上緑化をするには、幾つかの対策が必要となります。屋根に土等をのせることで重量が大きくなり、柱や梁を大きくしなければならず工事費用が割高となってしまいます。また、維持管理の面で手間が掛ってしまいます。しかし、この屋上緑化には国や自治体が助成金を補助したり、建築面積や容積率を緩和してくれる等の対策を取っていますので計画段階で確認して置く様にしましょう。そうする事で長期で考えた場合には多くのメリットを受けられる様になります。

マンションやビルで屋上緑化することによるメリットで一番大きいのは断熱性の向上です。夏の暑さ対策だけではなく冬の寒さ対策にもなります。ついでに畑として利用することもできます。